【連載コラム】まるでラップ?!歌いながら韻を踏む英語の「ライミング」ってな~に?(英語と音楽とリトミック③)

みなさま、こんにちは!遊んで学ぶ、英語とアートの親子教室【遊ぶ学び舎】池田ひとみです。ひとみの「とみ」をとって、とみー先生とみなさんに呼んでいただいております。普段は海老名市内で幼児向けの英語とアートの教室や、英語リトミック教室の講師をしています。この度6月のコラムを担当させていただくことになりました。「英語と音楽とリトミック」をテーマに連載させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。

目次

【英語と音楽とリトミック】まるでラップ?!歌いながら韻を踏む英語の「ライミング」ってな~に?』

コラムの第2弾では「梅雨のシーズンに合わせて雨の日には親子でこんな英語のお歌を歌ってみてくださいね♪」とご紹介させていただきました。第3弾は英語の歌の「秘密」をひとつご紹介したいと思います。

英語の歌って、「ラップ」みたいなところがあるんです!

 ラップっていうとあの台所で見るサランラップ…ではなくて、「俺は東京生まれヒップホップ育ち 悪そうな奴は大体トモダチ」(Dragon Ash feat. zeebraの“Greatful Days”より一部抜粋)…このラップです!

What’ is rhyming? (ライミングってなんじゃ?)

ライミング(Rhyming)っていうのは、日本語で言えば韻(いん)を踏むということです。例えば前回ご紹介した雨の歌では、

Rain rain go away
Come again another day

“Rain Rain Go Away” イギリスの童謡、17世紀ごろ より一部抜粋

とそれぞれのフレーズの終わりの歌詞の太字のところが -ain, -ay と同じ音で終わっています。それぞれ rainとagainawayとdayは同じグループのライミング・ワード(rhyming word)というわけなんです♪英語のナーサリー・ライムが歌いやすく覚えやすいのはこのライミング・ワードをたくさんつかっているというのが理由のひとつなんですね!

前回、この歌はお子さんのお名前などを入れて替え歌を楽しめますよ!とご紹介しましたが、ほかにも今回ご紹介したライミングを使った替え歌も楽しむことができるんです!

Pain pain go away(痛いの痛いのあっちいけ)
Come again another day(また別の日にきてよ)

“Rain Rain Go Away” イギリスの童謡、17世紀ごろ より引用・一部改変・邦訳加筆

お子さんが転んで擦り傷が…!なんてときに、日本でも「痛いの痛いのとんでけー!」なんておまじないを言ったりしますが、代わりにこんな風に英語バージョンのおまじないをしてもいいかもしれません。

他にもどんな英語のお歌にこのライミングが使われているでしょうか?ご紹介させていただきますね。

Twinkle twinkle little star
How I wonder what you are
Up above the world so high
Like a diamond in the sky

Twinkle twinkle little star
How I wonder what you are

“Twinkle twinkle little star” 18世紀のフランス民謡に19世紀初めイギリスで英語の歌詞がつけられたもの

日本語でも『きらきら星』として日本語の歌詞が付けられ親しまれていますよね♪英語の歌詞をじっくり聞いた・見たのははじめて!という方も意外と多いのでは?starとareそしてhighとsky、一見綴りの文字は違うのですが歌ってみると同じ音で終わっている(韻を踏んでいる=ライミングしている)んです。素敵な音の遊びですよね!

こんな英語の歌の秘密「ライミング」に気づくと、歌詞を知って覚えて歌ってみるのがますます楽しくなりますね♪

英語圏の子どもたちが言葉を覚え始めて、さらに知っている言葉を増やしていく時や読み書きをはじめた時にこのライミングを使うことがよくあります。「ライミング・ディクショナリー」と言って、同じライミングの言葉をまとめた子ども向けの辞書があるくらいなんです!「この言葉とこの言葉、音が似てるね。こっちはこんな意味でこっちはこんな意味だね!」といった風に使われているんです。りっぱな英語の学習ですよね。私が英語講師として親子で英語をはじめよう!と思ったらまずは英語のお歌を歌うことをオススメしているワケが、だんだん分かってきた気がいたしませんか?^^

英語の歌に隠れた「ライミング」を見つけて、ぜひ覚えて歌ってみよう♪

もっといろいろお歌をしりたい!みんなと楽しく歌ってみたいな!と思ったら…ぜひ英語リトミックの教室にお越しください。

海老名の英語リトミック♪AMUSEnglish Play(アミューズ・イングリッシュ・プレイ)

英語リトミック♪AMUSEnglish Play(アミューズ・イングリッシュ・プレイ) って?

ベテランのリトミック&ピアノ講師である井下恵子先生英語&アート講師である池田ひとみが合同で行う英語リトミック教室です。英語のお歌で身体を動かしながら楽しむほか、楽器や鍵盤に触れる時間簡単なクラフトで遊ぶ時間もございます。

次回の英語リトミック♪AMUSEnglish Play(アミューズ・イングリッシュ・プレイ)

2022年6月27日(月)10:30~ ※満席間近※
2022年7月25日(月)10:30~ ※夏休みイベント※
両日、海老名市文化会館にて
対象:就学前のお子様 (0~6歳) とその保護者の方

英語リトミック♪AMUSEnglish Play(アミューズ・イングリッシュ・プレイ) 詳細

英語リトミック開催の様子(ブログ)https://ameblo.jp/asobumanabiya/theme-10116103259.html
英語リトミックお申込み https://forms.gle/3dMnm7Krwzp4pAry6
ピアノ&リトミック講師、井下恵子先生 Felice WEBサイト https://www.felicepiano.net/
英語&アート講師、池田ひとみ【遊ぶ学び舎】 WEBサイト https://asobumanabiya.com/

前回のコラムはこちら

あわせて読みたい
【連載コラム】替え歌OK?!雨の歌、英語と日本語で歌ってみよう!(英語と音楽とリトミック②) みなさま、こんにちは!遊んで学ぶ、英語とアートの親子教室【遊ぶ学び舎】池田ひとみです。ひとみの「とみ」をとって、とみー先生とみなさんに呼んでいただいておりま...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる