【9月4日オープン】コーヒーが苦手な人も楽しめる、秘密基地のようなコーヒーショップ『coffee children』 @ 厚木市旭町

厚木市旭町

Laugh!チーム内でもアツいと話題の本厚木に、2021年9月4日新たなお店がオープン!その名もcoffee children
オープンに先駆け、おしゃれすぎる店内と格別においしいコーヒーを満喫してきました。

秘密基地の正体に迫る!

本厚木駅南口を出て歩くこと5分。白いビルの3階にcoffee childrenがあります。2343FOODLABO(カフェ)やKIDS SMILE LABO(保育園)のあるビルです。今のところ看板などはありません。

この看板がありましたら、そのビルで正解です!安心して奥までお進みください。(ご一緒した友人は「本当にここであってる!?」と思ったことでしょう。)

エレベーターに乗って3階へ。ドアが開くと、そこは2343FOODLABOです。(こちらはまた後日ご紹介します。小田急線が目の前に見える、電車好きキッズ必見のカフェなんですよ!)

ちょっと焦るかもしれませんが、大丈夫です!あっています。堂々と「coffee childrenに行きたいのですが・・・」と言ってみましょう。すると、秘密のドアに案内されます。

秘密のドアをずっと進むと、coffee childrenのカウンターがあります。どうですか?バーみたい!おしゃれすぎる!現在は席数を絞り5席で営業していますが、本来は7席あるそうです。

コーヒー好きにおすすめのメニュー

私はコーヒーが大好きなので、ドリップコーヒーのホットをいただきました!この時の豆は、深入りのダンザニア(500円)。目の前でドリップされる贅沢なひとときです。

自宅では割ってしまいそうで使えない、飲み口のうすーいガラスのカップでいただきます。特別感ありますよね!

コーヒーは大好きですが、味がわかるのとはまた別なので、飲んだ感想については割愛します。でもしっかりおいしかったです。コーヒーの味を表現するのって難しいですねw

次に、まるで牛乳のようなこちら。ミルクブリュー(600円)です。

水出しコーヒーがコールドブリュー。ではミルクブリューは??

つまり、ミルク出しコーヒーです。紅茶でいえばロイヤルミルクティー的な。残念ながら私は味見ができず、同席した友人曰く、「キャラメルのよう!」とのことでした。

牛乳飲めないことが悔やまれます。

コーヒー無理!苦手!という人の楽しみ方

「コーヒーが苦手な人でも飲める!」と言われて飲んだコーヒーが相変わらず苦くって、「いや、無理!」と思った方でも、ぜひ試していただきたいメニューがあります。

こちらはコールドブリュートニック(600円)。コーヒーをトニックウォーターで割ったやつです。想像つきますか?

浅煎りの豆を使って淹れたコーヒーなので、色は薄め。苦味もほとんどありません。

単品で飲んだら酸味が目立つコーヒーも、トニックと合わせることで絶妙なアクセントになるんです!ほんのり甘くて、さっぱりとした飲み口です。

コーヒーとトニックウォーターの組み合わせを他のコーヒーショップで飲んで「苦手だな」と思った方には、coffee childrenでのリベンジをおすすめします。

コーヒーはノーサンキュー!という方は、カスカラソーダ(600円)がおすすめ!

カスカラはコーヒーの皮と実からできるお茶のこと。最近では、スーパーフードとして注目されているそうです。コーヒーと同じコーヒーチェリーからとれるものの、コーヒーとは全く別物です。

ルイボスティーのような香りと甘酸っぱさに、思わず「おいしいー!」と声を揃えて言ったほど!

カスカラはホットティーでいただくこともできるので、寒い季節も安心ですね。

フードメニューは2343FOODLABOから

何を食べてもおいしいと話題の『2343FOODLABO』のスイーツとのペアリングも魅力!今回はドリップコーヒーにおすすめされたショコラスティック(770円)をいただきました。

後ろの白いクリームは豆乳でできた植物性のクリームです。甘さ超控えめ!

そして手前がオリジナルカカオを使ったショコラスティックで、豆腐やローストしたにんじん・かぼちゃをねり混ぜて作られているのだそう。豆腐や野菜の主張はあまりなく、自然な甘さがやさしいお味。子どもにも安心してシェアできるスイーツです。

コーヒーに合わせるとなると、あまーいスイーツを思い浮かべるかもしれませんが、このショコラスティックは甘さ控えめ。その分カカオの味がしっかりわかります。

そしてこの一皿、枯山水をイメージしているのだそう。ぜひ実物を見てもらいたい!

お支払いはキャッシュレス決済のみ!

注意して欲しいのが、お支払いはキャッシュレスのみという点です。カード、バーコード決済、交通系ICなどが必要です。

なんとも今時でスマートですね!オーダーの際に前払いをするシステムだそうです。

ママ向けポイント

過去にポップアップとして同じ場所で期間限定オープンをした際は、ベビーカーの方もいらしたそうで、お子様連れのママもぜひどうぞ、とのことでした。

店内はほんのり暗くバーのような雰囲気です。暗さが苦手なお子様はもしかしたら怖くなってしまうかも!?

せっかくの秘密基地での時間はママの休憩時間にしたいなら、たくさん遊んで疲れさせ、お昼寝したタイミングで駆け込むのがいいかもしれません。暗さとしっとりした雰囲気は、寝かせておくにはもってこいかもしれません。

もしくは、2343FOODLABOのスイーツとのペアリングでcoffee childrenのお飲み物を2343FOODLABO内でいただくことも可能だそう。
こちらは前述した通り、窓から小田急線が見えるので、子どもも楽しく過ごせそう!

店舗情報

コーヒーを中心に会話やコミュニティが生まれ、コーヒーへの理解が深まる場所がcoffee childrenです。

日常身近にあるコーヒーですが、その実態を私たちはあまり知りません。コーヒーの話に耳を傾けながら、いただく一杯は格別かもしれません。

coffee children

神奈川県厚木市旭町1-7-3 3F 2343FOODLABO(フードラボ)内
営業時間:10時〜18時
定休日:水・木
駐車場:なし
公式Instagram

※掲載のメニュー・価格は2021年9月時点のものです。

周辺のおすすめスポット

※この記事は2021年9月に投稿されたものです。情報は変更される可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました