『RISUお試しキャンペーン』算数のタブレット教材を実際に試してみた

クーポン

我が家にRISU算数がやってきた!!
ひらがなを覚えるのは遅かったけど、数字だけはメキメキ成長している息子は完全に理数系。
そんな息子にRISU算数がピッタリだという話を聞き、早速体験してみました。

そもそもRISU算数ってなに?

RISU算数とは、タブレット型学習教材のひとつです。その名の通り算数特化型。東大生などのトップ大学に通っている大学生からメールやレッスン動画などで個別フォローがあり、「家庭教師が来て教えてくれている」という感覚に近いかもしれません。

年中~年長対象のRISUきっずと、小学生対象のRISU算数があります。今回は息子と娘用にどちらも体験しましたよ。こちらの記事ではRISU算数を中心にどちらも織り交ぜながらご紹介していきたいと思います。

実際に体験してみた!

今なら、1週間RISUをおためし体験できます。

▷ おためし体験はこちらから

お申し込みクーポンコード「lfm07a

1週間以内の返品もOKなので、「どんなものかまずは試したい」「子どもに合うか分からないので体験から始めたい」という方でも挑戦しやすくなっています。

早速お申し込みをするとすぐに自宅に届きました!

内容物はこんな感じ。タブレット本体はもちろんのこと、タッチペンが2本と、充電用などのケーブルがついています。このタブレットが思った以上にしっかりとしたカバーでやんちゃな息子が使うのにも安心感があります。

起動してWi-Fiなどの設定をすると、チュートリアルが開始され、すぐに使えるようになりました。設定が楽なのが嬉しい!!

スタート画面はこんな感じ

こちらの画面は小学生向けのRISU算数タブレット。
右側にある「がんばりポイント」っていうのが気になりますね…

こちらの画面は年中~年長向けのRISU Kidsタブレット。
小学生向きよりもイラストが多く、とっつき易くなっていました。
タブレットに名前が登録されてあるので、時々名前で呼んでくれます。子どもにとっては特別感があって嬉しいようです。

どちらもゲーム感覚でステージをクリアしていくことで、問題を解いていくことができます。
一覧になっているので後から見返したときにどこができなかったのかが分かるのもいいですね!

早速、問題を解いてみる!!

問題もフリガナが書いてあるので、漢字が読めないお子さんでも躓くことなく読むことができます。年中~対応のRISU Kidsには問題文の音声読み上げサポート機能もあり。

「まだひらがな読めないな」

と思っても大丈夫!数字が分かるようになった頃がはじめ時です。

問題文が読めたら、あとは問題に沿ってタッチペンで答えを選んでいくだけ!
実はこちらの問題画面、空いているスペースに自由にメモができるようになっています。
自分で記入しながら考えを整理して答えるという流れをこの画面一つでできるのがすごいポイントですね!

上手に解けたら100てんと表示されます。そのたびに子どもも喜び、「次も100てんとれるようにがんばる!」といい循環になっていきます。

イラストも多く、理解しやすい内容です。
また、ステージを進めていくごとにRISUチューターの動画がタブレットに届くのでやりがいも。

そしてそしてなんと!問題を解いていくだけで、「がんばりポイント」というものが貯まっていきます。このポイントがたまると、様々な学習用品やおもちゃなどと交換することができるんですよ。「これがほしいからポイント貯めるまで頑張る!!」と子どもが自発的に頑張ってくれるシステムですね。

順調に問題を解く…でもつまづいたらどうなる?

最初は簡単なのでサクサク進めることができました。しかし気になるのはつまづいたときのこと…。
きちんと乗り越えられるのかな?と不安になってしまいますが、RISU算数ではそのあたりもしっかりサポート!

子どものデータを分析し、ピッタリな問題を配信

RISU算数では、子どもの学習履歴などが自動的に送信されるので、つまづきやすいポイントや分からないところを解説する動画のサービスがあります。苦手な部分も分かってもらえるので、苦手を克服するサポートもしっかり!逆に得意なところもどんどん進めることができて、学年関係なく問題先取りができます。なんとデータでは75%の子どもが学年より上のステージを先取り学習しているんだとか。無学年制で、実力にピッタリのレッスンが自動生成されるので、「できる!」という気持ちを育むことができます。

理解してるのかな?という不安があるときなどのサポートの要望も、24時間365日受け付けてくれていますよ。

また、ママがずっとついていなくても随時学習状況がメールで送られてきます。
「今日はこれを頑張ったんだな」「ここまで進んだんだな」と把握することで、子どもをほめてあげることができますね!

▷ おためし体験はこちらから


お申し込みクーポンコード「lfm07a

身に付くのは算数力だけではない!

理数系な息子に「好き」を伸ばしてあげられたらいいな、と始めたRISU算数。実際にはじめてみると単純に算数問題が解けるようになっただけではありませんでした。

文章読解力・思考力がつく!

先生に教えてもらうわけでも、親が横でピッタリついているわけでもないので、自分で文章を読んで問題を解かなければいけません。適当に読んで答えても当然ながら正解にはなりません。その場で結果が分かるので、何かが間違えてたんだな、とすぐ分かるのが嬉しいポイント。

息子も、文章を読むのがとっても苦手。最初は問題文を適当に読み流して答えてしまいがちでした。しかし、100てんが取れていない、とすぐ分かることでもう一度ちゃんと文章を読みなおして解きなおしていました。学校のテストでも、受験でも、やはり文章を読む力って大事ですよね。RISU算数ではそういったところも本人が自分で気づくようになりました。算数力を伸ばしたかっただけなのに、問題を読む文章力も備わってきて嬉しいです。

動画フォローがおもしろい!

つまづいたときに送られてくるRISUチューターの動画レッスン。まるで対面で教えてくれているかのように感じ、理解しやすいようです。普段youtubeを見ているだけあって、動画というだけで本人の興味がすぐに動画に向いていました。

様々な面で子どもが成長するRISU算数。1週間おためし体験受付中!

ここまでRISU算数とRISU Kidsを実際に体験した内容をご紹介してきました。

実際やってみないと分からない点もたくさんあるので、なかなかすべてをお伝えしきれていないかもしれません…ぜひ実際にタブレットを手にして使ってみてくださいね。

▷ おためし体験はこちらから


お申し込みクーポンコード「lfm07a

※この記事は2020年2月に投稿されたものです。情報は変更される可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました