7月にリニューアルオープンした海老名SAにある『海鮮三崎港』にこぼれいくら飯を求めて行ってきた @ 海老名市大谷南

エリア

もっぱら静岡方面に行くことが多いので、海老名SAは初心者なWeb担当えみです。
しかし今年7月にグラウンドオープンした海老名SA(下り)がずーっと気になっていたので、今更ですが行ってきました!

こぼれいくら飯で話題の『海鮮三崎港』テイクアウトスペースも

今回訪れたのは2020年7月22日にリニューアルオープンした海老名SA(下り)。
どうも名前がEXPASA海老名(下り)となったようです。
(ですが文中では便宜上、海老名サービスエリアと呼ばせていただいております)

気になるお店がたくさん入っているのですが、今日のお目当てはというと…

EXPASA海老名 下りのホームページより引用

おいしい海鮮が味わえる『海鮮三崎港』さん。
そしてその中でもひと際インパクトのある『こぼれいくら飯』を狙って行ってきました!

現在は『こぼれいくら飯』は取り扱っていないそう…しかしほかにも魅力的なメニューが

海鮮三崎港さんはフードコート横にありました。
フードコートではなく、単独レストランの形です。
この日は平日の昼過ぎに伺ったのですが、それでも少しだけ待ちがありました。
EPARK加盟店なので、ネットから順番待ちしていけるのがいいですね。

店頭にはテイクアウトコーナーがありました。
わりとリーズナブルなので、たまに手抜きしたかったりプチ贅沢したい日に買いに来てもいいかも。次回は鉄火巻をテイクアウトしよう!と心に決めました。

順番を待っている間に店頭にあるメニューサンプルを見ていましたが、どれもおいしそう!
わりと1,500円以内で食べられるものが多いのがうれしいです。

お子様メニューもいくつかあって、生ものがまだ食べられないお子さんでも、お寿司大好きなお子さんでも選択肢があって嬉しい内容でした♪

しかし…いくら探しても念願の『こぼれいくら飯』がありません。
えーなんでだろう?裏メニューなのかな?
恐る恐る店員さんに聞いてみると…「いまは取り扱っていません」の一言。
売り切れたわけではない言い回しだったので、コロナの影響なのかな?
真実は分からないのですが泣く泣く他のメニューにすることに。

握り寿司のセットか天丼が人気商品のようだったのですが、この日は他にもサービスエリア内で食べ歩きすると決めていたので、軽め(?)の丼ものにしました!

ドリンクバーもあったので、一緒に行った子どもだけドリンクバーをお願いしました。
店内はわりと広く、テーブル席も多かったです。やはり場所柄家族連れが多いですね。

サービスエリアは特別な日ではなく普段使いでもあり◎

サービスエリアって旅行の時に寄るものというイメージがどうしてもあったのですが、今回訪れてみて、意外にも普段使いにもいいなと意識が変わりました!
感染対策もされていたので海鮮が食べたくなったらまた来ます♪

海老名サービスエリア(下り)って下道から行けるの?駐車場は?

海老名サービスエリアは高速道路に乗らなくても下道から行くことができます。
駐車場も完備されており、入口への案内もしっかりと看板が出ているので迷うことなく訪れることができました。
(以前は従業員の通用口のようなところから入っていた記憶なのですが、今回はちゃんとした道を通ってサービスエリアまでたどり着くことができました)

駐車場の台数はそこまで多くない印象だったので、土日などは余裕をもって訪れたほうがよさそうですね。

海老名サービスエリア(下り)には他にも魅力的なお店がリニューアルオープンしているので、それはまた別記事でご紹介したいなと思っています。

海鮮三崎港

〒243-0418 神奈川県海老名市大谷南5丁目2−1
営業時間:10:00~22:00(テイクアウトは19:00まで)
問合せ:046-231-4368(ハイウェイロイヤル(株))
駐車場:あり


※この記事は2020年10月に投稿されたものです。情報は変更される可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました