【7月開園】らくらく登園って何?保護者に寄りそう『てりは保育園えびな』園児募集中!随時見学会あり @ 海老名市社家

海老名市社家

先日ご紹介した『てりは保育園あつぎ』と同系列の保育園が海老名市社家にオープンされました!

2021年7月1日に海老名市社家で開園!企業主導型保育園『てりは保育園えびな』

場所:気になる場所は、社家エリアの東名沿い。

まず気になる場所ですが、社家エリアの中でも東名沿いに近い場所にあります。
ちょうど保育園があまりなかったエリアですね。

1階にはデイサービスが入っており、そちらの2階となっているようです。

企業主導型保育園の特徴:通常の保育士の配置基準よりも手厚く配置

てりは保育園は企業主導型保育園です。
運営である「日本アメニティライフ協会」では、数多くの福祉・介護分野で事業を展開し、神奈川県内に約250もの事業所を構えています。
認可保育園に比べて通常の保育士の配置基準よりもさらに1人多く配置しているので手厚く保育してくれます。

一般枠があるので、地域の方も利用できます!

施設紹介:年齢ごとに分かれた広い部屋

年齢ごとに広い部屋を用意しているので、のびのびと過ごすことができます。
アクセントになっている壁紙がかわいい!

給食:食品添加物をおさえた食品を使用

給食はOisixの食材を使用し、毎食調理師が手作りしています。
Oisixは、食品添加物をおさえた食品やアレルギー対応のお菓子など、お子様の健康を考えられているので安心です。

らくらく登園って何?保護者に負担が少ないスタイル

保育園児の悩みでよく聞くのが、園生活での服装。
園によっては「汚れてもいい服・フードはなし・本人が着やすいもの」などいろいろな決まりがあります。しかしその決まりに合わせて購入してしまうと、気に入った服をなかなか買えない、ということも。

しかも、園に数着置いておくこともあり、少し多めに買わなければいけなかったり、在庫管理する手間が発生することも。

てりは保育園えびなではそんなお悩みを解決する『らくらく登園 TORANOCO』というものを導入しています。

あまり聞き馴染みのないこちらの制度。なんと、登園服を提供してくれるシステムなのです。

保護者が服を用意する必要がないので、季節の変わり目に長袖と半袖を悩まなくてもOK!
お洗濯や在庫服の管理もしなくていいのがとっても助かります。

保護者を応援!てりは保育園えびなを見学会・説明会は随時開催中

てりは保育園えびなは季節の行事や、日常のやりとりを通じて感情の成長を共に暖かく見守ってくれます。
ぜひ一度、広い園内をご覧ください。見学会、説明会を随時募集中です。

お問い合わせ先

046-205-4438(9時~18時)

6月に開園した、てりは保育園あつぎの記事はこちら

てりは保育園えびな

企業主導型保育所
〒243-0424 海老名市社家941番清有ビル2階
TEL:046-205-4438
メール:teriha-ebina@jala.co.jp
休園日:日曜日
▷ てりは保育園のホームページ

※この記事は2021年7月に投稿されたものです。情報は変更される可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました