【海老名・綾瀬】子どもの運動不足解消!ドッチボールしようぜ! @ 海老名・綾瀬

海老名・綾瀬

幼稚園、小学生で9割の子どもが経験があるスポーツ。なんだと思いますか?
そうドッチボール!!!
おそらくドッチボール未経験!という人はいないはず!
ボールを投げて相手チームに当てる。シンプルなルールだけど、今ドッチボールが熱いんです!

そんなわけで、海老名と綾瀬を中心に活動をしているドラゴンウエーブを取材しました!

海老名市内の小学校・綾瀬市内の小学校で活動しているドラゴンウェーブ

年長さんから小学校6年生まで所属しているドラゴンウェーブ。現在約50人ほどチームに属しています。チームのみんなは海老名、綾瀬、座間、大和などいろんな地域からきているようです!

今回のモデルは四不象こと、1年生の我が息子。実はこちらのチームには3か月ほど属しております!
6年生のお姉ちゃんに引っ張ってもらって体育館へ移動。もちろん手洗いも忘れずに!

今回は海老名市の柏ケ谷小学校で練習!

コロナ対策で、換気もばっちり!ボールも都度アルコール消毒しています。

準備運動準備運動!みんな真剣です!

低学年組キッズと、高学年組ジュニアに分かれていざボールを使って練習!

はやい!!!!!

あれ?うちのこいつの間にこんな早くボール投げれるようになったのと目玉が飛びし寸前!しかもちょっと前までは両手で投げていたはずなのに・・・片手!?早いし感動で思わずカメラがぶれるぶれる!

しかし投げ合う相手もさすがの剛速球!あぶない四不象!キャッチできるのか!?!?!!


キャッチした!!!!

あれ!?いつのまにキャッチまでしっかりできるようになったの!?語彙力が追い付かないほど子の成長に驚きました!感動!

にしても・・・

この子たち本当に低学年なんか??めっちゃすごい球投げるんだけど…。

私の知っているドッチはなんか、、、もっとキャッキャうふふ♪みたいな感じなのに、バンバン言ってるわ。この子たちのボール。絶対取れない。これ、軽く「おばちゃんとドッチしよー」とか言っちゃった日には次の日布団から出られなくなる!(四不象とボール投げっ子するときは防具つけよう・・・)

コーチがすごい丁寧に教えてくれる!

こんな子どもたちがすごい球を投げるんだ。コーチはさぞ厳しい霊長類最強みたいな人たちなんではないか…

え…優しい…!

めっちゃ優しく丁寧に教えてくれている!!!子どもたちにどうしたらもっといい球が投げられるか、すごく丁寧に指導してくれている!!!!

そしてこの瞳が優しい方がドラゴンウェーブの監督です!ちょっと監督にインタビュー

ドッチボールのチームに入る魅力ってなんですか?

チームワークが学べるということです。ドッチはシンプルな競技です。でもその中に巧みなチームプレーがあります。

ドラゴンウェーブが一番大切にしていることはなんですか?

チームメイトへの思いやりを大切にしてもらいたいと思っています。年齢が上の子が下の子の面倒をみるのもそうです。その中で人への思いやりややさしさを学んでほしいです。

ボールを投げる力だけじゃなかった!ドッチ奥深い!

最初は泣いてばかり。でも今は最前線で活躍している子に話を聞いてみた

とはいえ、すごい球が飛び交うドッチボール。みんな怖くないのかな?

ボール怖い子はドッチできないのでは?という疑問も…

実は、ボールが怖い!と泣く子は結構います(笑)1年生のとき泣いてばかりだった子がいるんですが、その子今はチームのエース的存在なんです

なんだって!?それは話を聞いてみたい!ということで、話を聞いてみた!

最初はボールがとっても怖かったです。何回も辞めたいって思ったし、泣いたりしました。でも、家で練習したり、コーチにアドバイスをしてもらったり、5年生になった今は楽しくてしょうがないです。とにかく楽しいチームだから、たくさんの人に知ってもらいたいです!

ボールが怖い…ってのはきっと小さい子の多くは思うもの。でも仲間がいて、立ち向かってそして乗り越えたらすっごい成長につながるだなって、この子を見て思いました。

主体は子どもたち!子どもたちからの意見を大切にする

ドラゴンウェーブの魅力はそれだけじゃないんです、と実際に習わしている子のパパの声。

「試合の後、ドラゴンウェーブの先生たちは子どもたちを集めて、『今日の試合はどうだった?』『なにが問題だと思う?』『よかったところはどこだった』と子どもたちに問いかけるんです。それがすごくいいなぁあって思っています。ただ試合に勝つ!ってだけじゃなくて、子どもたちが考え自分の意見を発表していく。子どもたちの意見をとても大切にしているって感じます。だから、子どもがドッチを楽しめるんだと思うんです」

魅力は分かったけど…クラブ特有の親が頑張りまくらなきゃいけないんでしょう?

じつはそんなことないんです。

ドラゴンウェーブでは、基本的に保護者の人の見学は自由!お手伝いも自由です。見学当日も、指導ボランティアの方と見学の方が2名いるだけでした。子どもが自主的にいろいろと動くので、保護者の出番は送迎くらいで、ほぼないそうです。

コロナ対策もしているよ!

使ったボールは休憩の度に消毒しています。
子どもたちもみんな大きな声で「お願いします!」と言いながらボールを渡すのが印象的でした。

一緒にドッチボールを楽しめる仲間を募集中!

ドラゴンウェーブでは現在 年中さん~小学校4年生のお子さんを募集しています!

(小学校6年生子女の子)

ドラゴンウェーブに入ってとっても優しい仲間が増えました!コーチもほかの大人の人も優しい♪キッズのみんなもすっごく頑張っています!ぜひいろんな人に見に来てもらいたい!

体験・見学はいつでもOKです!ぜひWEBページからお問い合わせしてみてね!

チームのみんな「一緒にドッチしよーぜ!まってるよーーー!

※この記事は2021年11月に投稿されたものです。情報は変更される可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました